News ニュース

Local News

2016.12.27

2017年から導入されるセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは?

来年1月1日から、日本国内でセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)が導入されることになりました。

世界保健機構(WHO)は、セルフメディケーションを 「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義しています。今回の制度は、国民一人ひとりがセルフメディケーションに自発的に取組む環境整備を目的として創設されました。

この制度の対象となるのは、健康の維持増進や疾病予防のために、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診等を受診しており、対象となるOTC医薬品(スイッチOTC医薬品※1)を購入した個人で、総所得金額等から控除できる新税制です。

この税制の対象になるスイッチOTC医薬品は約1,500品目で、厚生労働省のホームページに掲載されています。

従来の医療費控除制度は、医療費自己負担額が一人当たり10万円を超えてから適用になりますが、セルフメディケーション税制では、スイッチOTC薬品購入費が12,000円を超えた分から控除対象となります。但し、2つの制度の併用は出来ません。

関連リンク:
OTC医薬品、来年からセルフメディケーション税制開始
WHO – Self Medication
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

注※1 スイッチOCT医薬品:OTC(オーバー・ザ・カウンター)は、処方箋なしで購入できる薬品の総称ですが、医師によって処方される医療用医薬品を、OTC医薬品に転用したものが、いわゆるスイッチOTC医薬品です。

最新の記事

月次アーカイブ

カテゴリーアーカイブ