News ニュース

Local News

2015.09.25

日本政府、「平和と健康のための基本方針」を決定

2015年9月11日、第11回健康・医療戦略推進本部が開催され、「平和と健康のための基本方針」が決定されました。本方針は、今年の2月に決定された開発協力大綱の保健分野における政策であり、発展途上国に住む人々の健康保障と保険システムの強化、ユニバーサル・カバレッジ(Universal Health Coverage: UHC)※1を目標としています。

今回の目標を実現するには、官民が連携し、各地域のニーズに合わせて日本の人材、技術、知見と医療機器及び医療サービスを活用することが必要とされています。安倍総理は方針の決定について、「今こそ、我が国の経験と知見を総動員して、国際社会でリーダーシップを発揮する時」であると述べています。

JIGHは今後も、地球規模の医療関連課題解決に全力で取り組んでまいります。

※1世界保健機関(World Health Organization: WHO)はUHCを、「全ての人々が基礎的な保健医療サービスを、必要な時に、 負担可能な費用で享受できる状態」と定義しています。

関連リンク:
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ghp/page22_002274.html
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201509/11kenko_iryo.html

最新の記事

月次アーカイブ

カテゴリーアーカイブ