News ニュース

JIGH

2018.05.10

,

【Release】医療機関職員向け外国人患者対応力向上のための教育事業を開始〜訪日外国人4000万人時代の医療機関に求められる知識やスキルを包括的に学ぶ場を提供

   訪日外国人4000万人時代の医療機関に求められる知識やスキルを包括的に学ぶ場を提供
医療シンクタンクJIGH、医療機関職員の外国人患者対応力向上のための教育研修事業を開始
      外国人患者受入れ経験豊富な医療機関と連携し、実践的なノウハウを基礎から伝授

 

医療機関の外国人患者受入れ体制整備支援事業を手がける医療シンクタンク
一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(東京都港区、代表理事:渋谷健司、以下JIGH)は、2018年5月より、医療機関職員の外国人患者対応力の向上を目的とした教育研修事業を開始します。
*本プレスリリースのPDFはこちらからご覧ください。

当事業では、①医療機関の外国人患者受入れ体制整備の推進や受入れ時の患者対応に必要な知識やスキルを包括的に学べる「外国人患者受入れ医療コーディネーター研修」、②外国人患者の受入れに関するさまざまなテーマから、自分の関心にあったテーマを選んでオンラインで手軽に受講できる「外国人医療テーマ別オンラインセミナー」の2つの教育プログラムを開催します。

JIGHでは、この2つの教育プログラムの開催を通じて、医療機関における外国人患者受入れ体制整備の推進や職員の外国人患者対応力の向上に貢献することを目指します。

■本事業開始の背景
JIGHでは2017年度、パイロット事業として医療機関での外国人患者受入れに関する専門的なノウハウを有した人材の育成を目的とした「外国人患者受入れ医療コーディネーター研修」を7回開催した他、全国各地やオンラインでの関連セミナーを30回以上開催し、結果、外国人受入れの知識やスキルを包括的に学ぶ機会に対する医療機関からのニーズが非常に高いことを確認いたしました。

また、2018年3月に自民党に「外国人観光客に対する医療プロジェクトチーム(PT)」が設置され、4月には政府への提言案がまとまった他、訪日外国人旅行者の医療費未払い等のトラブル対策について協議するワーキンググループを政府内に新設する方針が固まるなど、国としても対策を強化する動きが活発化しています。

こうした実績と現状を背景に、JIGHでは本事業の開始を決定いたしました。

■当事業で開催する教育研修プログラムの概要
①外国人患者受入れ医療コーディネーター養成研修
*詳細スケジュール・プログラムなど詳細はパンフレット(https://mediphone.jp/education/PDF_Coordinator%20Program.pdfをご確認下さい。

【プログラム概要】
医療機関の外国人患者受入れ体制整備の中心的役割を担うとともに、実際の外国人患者の来院時には、安全かつ円滑に医療を提供するために院内外の関係者との調整を行う「外国人患者受入れ医療コーディネーター」を養成する研修です。外国人患者受入れに必要な知識やスキルを2日間で包括的に学べます。任意参加の先進機関の院内見学会や参加者同士の交流会も行います

【本プログラムで身につく知識・スキル】
1. 外国人医療に関する幅広い知識、2. 外国人患者受入れ現場における実践スキル、3. 組織の課題の発見・分析スキル、4. 組織の課題を解決するための実行力

【受講期間/受講料】2日間/ 99,360円(税込)

【開催場所/時期】
●東京(品川駅周辺) A日程:7月13日(金)・14日(土)、B日程:7月19日(木)・20日(金)、C日程:9月21日(金)・22日(土)、D日程:10月18日(木)・19日(金)
●大阪(新大阪駅周辺) A日程:7月28日(土)・29日(日)、B日程:10月12日(金)・13日(土)

【申込み方法】
オンライン申込みフォーム(http://bit.ly/mediphoneeducation)から、あるいは案内パンフレット(https://mediphone.jp/education/PDF_Coordinator%20Program.pdf末尾のお申込書を事務局までお送りください。

【その他】プログラムを修了した方には、修了証と「外国人患者受入れ医療コーディネーター」認定バッジをお渡しします。

②外国人医療テーマ別オンラインセミナー
【プログラム概要】
外国人患者の受入れに関する年間20以上のテーマから、自分の関心にあったテーマを選んでオンラインで手軽に受講できるセミナーです。詳細プログラム・スケジュールは2018年6月に公開予定です。

【本プログラムで身につく知識・スキル】
外国人医療に関する個別テーマを深掘りし、専門的で具体的な知識・ノウハウを学べます。

【受講料】1回60分程度/1回6,000円〜(予定)

【開催方法】インターネット環境があれば、どこからでも受講可能です。事前に指定のビデオ会議システムのダウンロード(無料)が必要です。

■関連データ
2016年には訪日外国人数が2,403万人、在留外国人数が230万人と、ともに過去最高を記録し、政府では訪日外国人数を2020年までに4,000万人、2030年までに6000万人とすることを目標に掲げています*
平成25年の観光庁調べによると、訪日外国人旅行者の約4%が日本滞在中に予期せぬ怪我・病気を患っており、訪日外国人の急増に伴い、これまで外国人患者を積極的に受け入れてこなかった医療機関においても対応が求められています。
*訪日外国人数及び政府目標は観光庁発表資料、在留外国人数は法務省発表資料より引用。

■■JIGHとは
医療領域の課題解決に取り組む医療シンクタンクです。
2014年1月より医療通訳のmediPhone(メディフォン)の運営を開始、現在は、医療通訳・教育研修・医療費未払い防止などの事業を展開し医療機関の外国人医療に関するあらゆる課題解決をサポートしています。
核となる電話・ビデオ医療通訳サービスでは、全17言語の通訳に24時間365日対応(一部言語は除く)し、現在までに全国約1,400の医療機関(無料トライアル機関を含む。)にご利用頂いております。
*       JIGHウェブサイト http://jigh.org/
*       mediPhone(メディフォン)ウェブサイト https://mediphone.jp/

●本事業に関する医療機関・受講希望者のお問い合わせ先●
一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(JIGH)外国人患者受入れ対応研修プログラム事務局
MAIL: training@mediphone.jp
TEL : 03-6426-5451
メディフォン教育研修事業ウェブサイト   https://mediphone.jp/education/

●本プレスリリースに関するお問合せ先●
一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(JIGH)広報
MAIL: info@jigh.org
TEL : 03-6426-5451

最新の記事

月次アーカイブ

カテゴリーアーカイブ