News ニュース

JIGH

2017.07.24

, ,

【Press Release】JIGHが東京五輪開催期間中の電話医療通訳者の募集を開始〜外国人患者の安心・安全の確保に向け始動〜

————
東京五輪開幕まで3年、外国人患者の安心・安全の確保に向け始動
医療シンクタンクJIGHが東京五輪開催期間中の電話医療通訳者の募集を開始します
国内に話者の少ない言語の通訳者を集め、専門性の高い医療通訳者を3年かけて育成
————

プレスリリースのPDFはこちらからご覧いただけます。

医療シンクタンクJIGH(東京都港区、代表理事:渋谷健司、以下JIGH)は、東京五輪開幕の3年前となる本日2017年7月24日(月)より、東京五輪開催期間中に同法人が運営する医療通訳サービスmediPhone(以下、メディフォン)において、電話での医療通訳業務(在宅ワーク)を行うことを目指す通訳者の募集を開始します。今回募集を開始するのは、韓国語・広東語・タイ語・ベトナム語・タガログ語(フィリピノ語)・マレー語・インドネシア語・ヒンディー語・フランス語など、その言語を話す訪日外国人が増加しているものの日本国内にその言語を話せる人材が少ない言語の通訳者です。また、ポルトガル語・スペイン語・ネパール語など在住外国人における需要が高い言語でも応募を受付けます。

医療通訳は、医療・医学知識と通訳技術が同時に求められる専門性が高い職業です。上記のような言語においては、国内にその言語の話者が少ないことに加え、医療通訳に関する教育機関や教材も乏しく、医療通訳者の育成に時間がかかるため、3年前という早いタイミングからの募集開始を決定しました。

応募者には、まず筆記及び口頭試験と面談で基本的な言語能力を確認します。基本的な言語能力が認められた人材には、定期的な医療・医学及び通訳技術に関する勉強会開催や自主学習方法の提案などを行い、3年間をかけて電話での医療通訳に対応できる通訳者を育成する計画です。全国の通訳者が参加できるよう試験や面談・勉強会はオンラインでも参加できるように実施します。早い段階で医療通訳に対応できるレベルに達した通訳者には、東京五輪開催前から医療通訳サービス メディフォンにて実践の場を提供し、さらなるスキルアップを支援します。なお、日本国内に話者が多く、教育機関や教材も豊富にある英語・中国語に関しては、2018年以降に募集を開始することを予定しております。

【電話医療通訳希望者の募集概要】
○募集期間:2017年7月24日〜2017年12月31日
○募集業務内容:東京五輪開催期間中(2020年7月-8月)における在宅での電話医療通訳業務
○募集言語:韓国語・広東語・タイ語・ベトナム語・タガログ語(フィリピノ語)・マレー語・インドネシア語・ ヒンディー語・フランス語・ポルトガル語・スペイン語・ネパール語など(英語・中国語以外のその他希少言語も受け付けます)
○募集条件:母国でない通訳言語において、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)におけるB2レベル以上の語学力を有すること。具体的には、自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理解できる。母語話者とはお互いに緊張しないでやり取りができるくらい流暢かつ自然である。幅広い話題について、明確で詳細な文章を作ることができ、さまざまな選択肢について、長所と短所を示しながら話題に関する自己の視点を説明できるレベル。
○応募方法:専用応募フォーム(https://goo.gl/wS3UKM)からお申し込みください。
○応募後の流れ:以下のような流れで、選考・育成を行います。
「応募フォームからの応募」→「筆記及び口頭試験と面談」→「医療・医学及び通訳技術に関する勉強会開催」「自主学習方法の提案」→「電話医療通訳の実技試験」→「業務開始」

【実施の背景】
2016年には訪日外国人数が2,403万人、在留外国人数が230万人と、ともに過去最高を記録し、政府は2020年までに訪日外国人数4,000万人を目標に掲げています*。平成25年の観光庁調べによると、訪日外国人旅行者の約4%が日本滞在中に予期せぬ怪我・病気を患っており、医療現場で正確な通訳を行える専門的なスキルを持った医療通訳者に対するニーズが高まっています。
*訪日外国人数及び政府目標は観光庁発表資料、在留外国人数は法務省発表資料より引用

【JIGHとは】
医療領域の課題解決に取り組む医療シンクタンクです。2014年1月より医療通訳のmediPhone(メディフォン)の運営を開始、電話医療通訳・医療通訳派遣・医療翻訳などのサービスを提供し、医療機関の外国人医療に関するあらゆる課題解決をサポートしています。核となる電話医療通訳サービスでは、全12言語の通訳に24時間365日対応(一部言語は除く)し、現在までに全国約1,000の医療機関にご利用頂いております。

JIGH
http://jigh.org/

mediPhone(メディフォン)
https://mediphone.jp/

プレスリリースのPDFはこちらからご覧いただけます。
http://jigh.org/wp/wp-content/uploads/2017/07/170724_Press-Release_medical-interpreter-recruiting.pdf

【応募希望者向けお問合せ先】
医療通訳サービス メディフォン事務局
interpreter@mediphone.jp / 050-3171-8522

【本プレスリリースに関する報道関係者向けお問合せ先】
一般社団法人JIGH 担当:友久(ともひさ)
info@jigh.org / 03-6426-5451

最新の記事

月次アーカイブ

カテゴリーアーカイブ