News ニュース

JIGH

2016.10.26

“世界ポリオデー・アート・フォーラム 2016″ 開催報告

t_mg_0293 t_mg_0544
2016年10月25日、JIGHは毎年10月24日の「世界ポリオデー」を記念して、ワクチンをテーマにしたThe Art of Saving a Lifeのアート作品と共に、アートとファンドレイジングの歴史や、ワクチンの力、ポリオ根絶の現状について知っていただく「世界ポリオデー・アート・フォーラム 2016」を開催しました。

フォーラムでは、福田淳氏によるプレゼンテーション“アートとファンドレイジングの歴史”と、坂之上洋子とのトークセッション“アートとワクチンの力、ファンドレイジングの歴史”と並行して、水墨画家 土屋秋恆氏による即興水墨画作品制作が行われました。当日は、国会議員、医療関係者、民間企業 、大学関係者や学生など、官民両セクターより約60名程度の皆様に参加いただきました。

プレゼンテーションとトークセッションでは冒頭、アートの歴史は権力者との歴史であったこと、しかしながらインターネット時代の到来によって、アートの民主化が起きたことなどに触れられました。そして近年では、ソーシャルクラウドの浸透によって、私たち一人ひとりが、ポリオ撲滅や貧困削減といった社会課題解決に、少額決済などを通じて以前より容易に参画できるようになったという話で締めくくられました。

また、土屋氏による水墨画作品は、下地に噴霧されたドーサと顔彩で培養されたポリオウイルスを表現し、その上に、ポリオ常在国3カ国の国花であるソケイ(パキスタン)、赤いチューリップ(アフガニスタン)、コスタス・スペクタビリス(ナイジェリア)が描かれ、世界ポリオデーに相応しい非常に美しい作品に仕上がりました。

JIGHでは、主に会員の皆様向けに、定期的に勉強会やイベントの開催や、月次ニュースレターを配信しています。 JIGH会員についての詳細は、以下のリンクからご確認ください。
http://jigh.org/member

最新の記事

月次アーカイブ

カテゴリーアーカイブ