News ニュース

JIGH

2016.04.12

「G7伊勢志摩サミットに向けたポリオ根絶に係る要望書」の世耕弘成副長官への手交報告

1 写真 2016-04-11 15 58 06

2016年4月11日、塩崎恭久厚生労働大臣に引き続き、ポリオ根絶を目指す議員連盟の小坂憲次会長、UNICEFニューヨーク本部ポリオ・チームディレクターのレザ・ホッサイニ氏、WHO世界ポリオ根絶推進活動担当のローランド・サッター氏、GPEI(世界ポリオ根絶推進活動)事務局シニア・ストラテジストのアンドレ・ドーレン氏、UNICEF東京事務所の平林国彦事務局長、UNICEFニューヨーク本部の山口郁子氏、国際ロータリーの小林宏明事務局長、日本リザルツの白須紀子代表と一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ(JIGH)代表理事の渋谷健司が「G7伊勢志摩サミットに向けたポリオ根絶に係る要望書」を内閣官房の世耕弘成副長官に手交しました。

UNICEFのホッサイニ氏は、ポリオ根絶に向けた最後の一押しにおける日本政府のリーダーシップと支援への期待、国際ロータリーの小林宏明事務局長は、根絶に向けた官民連携の必要性について述べました。内閣官房の世耕弘成副長官は要望書を受け取り、日本政府として引き続きポリオ根絶を支援していきたいと述べました。

JIGHは2019年までのポリオ根絶を目指し、引き続き様々な取組みを実施していきます。

最新の記事

月次アーカイブ

カテゴリーアーカイブ