About JIGH JIGHについて

JIGHは、医療領域の課題解決に取り組む政策シンクタンクです。

ミッション

当法人は、国際規模の課題解決に取り組む。

・世界の保健医療に関わる国際協力事業の推進及び技術イノベーションの
 世界の保健医療分野への活用促進
・NGO/NPO及び国際機関・財団などの社会貢献活動に関わるプロジェクトの
 戦略立案・実行支援

組織概要

名称
一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ
Japan Institute for Global Health
(ジャパン・インスティテュート・フォ・グローバルヘルス)
本部
東京都港区赤坂6-14-2 赤坂倉橋ビル3F
TEL:03-6426-5451
FAX:03-6426-5452
MAIL:info@jigh.org
設立
2012年12月
代表理事
渋谷健司

理事

理事長 / 代表理事

Kenji Shibuya, M.D., Ph.D.渋谷 健司

東京大学大学院医学系研究科
国際保健政策教室教授

東京大学医学部医学科卒、同年に医師免許取得後、帝京大学付属市原病院麻酔科医員(研修医)として勤務。1993年、東京大学医学部付属病院医師(産婦人科)を経て、ハーバード大学公衆衛生大学院人口・開発研究センターでリサーチ・フェローとして在籍中、カンボジアとルワンダで勤務。1999年に同大学より公衆衛生学博士号取得。同年、帝京大学医学部産婦人科 助手、2000年衛生学公衆衛生学講師に就任。2001年に世界保健機関(WHO)シニア・サイエンティスト(保健政策のエビデンスのための世界プログラム)に就任。2004年にWHOコーディネーター(評価・保健情報システム/保健統計・エビデンス)を経て、現職。

2008年のG8北海道・洞爺湖サミットの際のグローバル・ヘルスに係る政策提言や、2011年の国内外の保健医療政策改革に関する提言を掲載した「ランセット日本特集号」を主導。2015年には、2035年を見据えた保健医療政策のビジョンとその道筋を示すため、塩崎恭久厚生労働大臣の私的諮問機関として設置された「保健医療2035」策定懇談会の座長を務めた。

現在、Global Burden of Disease 2010研究コアメンバー、GBD科学評議会、WHO保健統計専門家委員やランセット特別号の組織委員を務める。専門分野は死亡・死因分析、疾病の負担分析、リスクファクター分析、費用効果分析、保健システムパフォーマンス分析、保健外交など。

CEO / 理事

Mayumi Sawada, M.Sc.澤田 真弓

東京外国語大学 外国語学部 欧米第一課程 英語専攻卒業。北京大学漢語進修プログラム修了後、インペリアルカレッジロンドンにて経営学修士号取得。帰国後、マーケティング代理店、グーグル株式会社を経て、JIGHに参画。組織の基盤構築を進めるとともに、2014年遠隔医療通訳サービスmediPhone(メディフォン)を立ち上げ、JIGHの中核事業として拡大中。

理事

Taro Kodama児玉 太郎

アンカースター株式会社 代表取締役社長

ヤフー株式会社を経て、2010年1月Facebook, Inc.に入社。日本最初の社員としてカントリーグロースマネジャーに就任。日本国内のFacebook拡大に尽力、日本における実名SNS文化の創造を牽引した。2014年6月に独立起業。2015年6月よりJIGH理事に就任。主にメディフォン事業の成長戦略を支援。

理事

Shintaro Isono磯野 信太郎

ゴールドマン・サックス証券株式会社
証券部門 金融商品開発本部長

東京大学法学部卒業後、ゴールドマンサックス証券株式会社市場部門の、商品開発、自己勘定投資、営業部門に所属。主に、本邦金融機関の顧客に対する非伝統的資産への投融資の紹介、仲介業務に従事。

監事

Hiroshi Kamura嘉村 洋志

mediPhone・練馬光が丘病院・東京ベイ浦安市川医療センター 救急科 医師

2005年3月長崎大学医学部卒業、長崎大学熱研内科医局員。都内の救命センターを中心に救急医療に従事。病院での勤務の傍に、地方の救急医療の教育や体制作りに務める。専門分野は、救急医療、集中治療、生命倫理など。

顧問弁護士

Giichiro Oiso大磯 義一郎

医師・弁護士
浜松医科大学医学部 医療法学 教授

顧問税理士・会計士

Nobuko Higashiyama東山 信子